スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味を。

10 30, 2012
「ツレがうつになりまして」を観た。
主役のふたりが可愛い感じですので、お気楽に観ていたらばなんか胸が詰まるというか、、、
台詞のひとつに
「なぜ、鬱になったのか原因の探るより、今は病気になった意味を考えるようにしている」とそんな風なことをいってるのがずしんときました。
うつ病は心の風邪と言われているのに、誰にでもかかる病気なのに、簡単になる病気なのに。
そんな台詞もあったっけ。

気分が落ち込んでどうしようもなくなる時ってありますよね。
物事がこれでもかってくらい上手く進まない。
原因はあるはずなのに、探っても結論が出ない。
時間は限られている。
焦る。
どうしようもない。
今なら「何をしてもこうなるんだ」と諦めがつくけれど、
諦められないし、そうもいかない時もある。
むしろその方が多いかもしれない。
そんなことが永遠に続きそうで、次から次へとやってくる「うまくいかない」のスパイラル。

イヤになっちゃいます…

以前ワタシの直属の上司がうつ病に。
4月からいっしょに働いて、6月にはもう仕事に来れなくなっていたっけ。
毎日会う度に大丈夫かな、と思わずにはいられなかった。
声をかけるのも朝と帰る時の挨拶だけになり、一週間ぶりに会ったらげっそりと痩せていて、その後休職。
2年間の療養後仕事復帰し結婚もした。
ふたりの子どももできお隣さんとなった。
復帰後もちょいちょい休んでいたみたいだけど予防線を張ってのことだと聞いていたし、
長期間というのもなかったので安心していたけれど、昨年末から再び休職。
今回はかなりしんどいらしい。
独身の時とは違い、新しい家族もいる。
物事を理解するには難しい年齢の子どもたち。
実家のバックアップもあるけれど、ふたりの子どもを育てながらは大変だと奥さんがこぼしていた。
我が家と隣同士になると知った時はこれも何かの縁だと感じ、
元上司は旦那さん、奥さんともよく話していたので仲良くやれたらいいなと思っていた。
今回の元上司の変化には早く気づいた方だと思う。
仕事をしていた時にピリピリと感じたあの微妙な温度変化は忘れられない。
どんなに近くにいても、ある程度の理解をしていても力にはなかなかなれないものだと感じた。
必要とあらばいつでも!の姿勢ではいたけれどワタシなんぞにできることなど知れている。
それならば、ここに、ワタシとお隣さんになった意味を考えていたっけ。



友人がある病気になったこと。
知人が自殺しこと。
同じ時期に落ち込むことがあり、友人知人のことも続き参ってしまった。
ワタシが何も悩むことはないけれどいろんなことを感じずにはいられなかった。
そして、ネットでの繋がりしかない遠い人が今まで所謂「普通に」暮らしていたのに突然の変化が起きた。
めまぐるしく時間が流れいろんなことが次から次へと起こった。
一体、なんなの?である。
それでも遠い人はきちんと向き合って新たに歩み出した。
余裕のない心にしっかりとスペースを作り、そこからまた。
今まで自分の中では「絶対にない選択肢」を勇気をもって選択した。
簡単なことのようで、なかなかできることではないと思う。
今まで自分がしてきたことが全てが違っていたんじゃないかと思うことであったかもしれない。
「正しい」と信じて大事な時間を削ってやってきたことのある意味の否定。
どうなるかなんてわからないけど、それでも人それぞれ自分ルールってもんがあるはずで、
それを守らないのはなんというか、嫌悪感が残る。
いつまでも。
あえてやることに意味があって、やるのは自分自身である。
周りにいる人に支えられている感謝があっても自らが一歩を踏み出さなければ周りは何もできない無力である。
一歩があって見えてくるものがる。
気づくのに時間がかかっても、
一歩に時間がかかっても、
それでもかかった時間の分だけ得るものはあるだろう。

ワタシにも過去いろんなことがあった。
今はどうにかこうにか心の片隅に追いやっているけれど、突然どーんとスペースを持ってかれることがある。
新たに生まれるあるイヤなものある。
時間に余裕ができたけれど、時間だけじゃ解決できないこともある。
時々起こったその意味を考えていると何かしらみえてくることがある。
それが大事なことなんだと思う。
たぶん。
スポンサーサイト

ひとりごはん

10 23, 2012
あるお友達ブロガーさんの1日の食事メニュー

朝=ヨーグルト
昼=パン1個
夕=白米抜き・おかずのみ

夜は白米を食べない生活を7年つづけているらしい…

え?
んじゃいつ白米食べてんの?
いやいや…これで足りんの?
お仕事してて、
家の事もきっちりとしてて、
その他もろもろも全力投球なのに?
これだけで生きてゆけるの?
と、自分の食生活とのギャップに驚いたものです、はい。
とはいえ、私のように胃腸が丈夫な人間には到底理解することができない、
「食べられない」状態=食べると胃腸が痛む等...
可哀想すぎるぅぅぅ

ああ…変わりに食べて差し上げたい。 ←本気

そんなワタシのひとりお昼ごはん☆
↓↓↓

CA48D79J.jpg
・冷凍パスタ(ナポリタン)
・サラダ(レタス&キャベツ)
・ヨーグルト(ブルーベリーソースかけ)

ザ・高カロリー☆


冷凍パスタはたまに買う。
ひとりの時、何もない時に便利だから。
いつもはそれだけ食べたりすんだけど、今日はなんとなくダメな気がしてサラダを。
あ、ヨーグルトも!と思ったけど砂糖ナシなのでソースをかけた。
もちろん、これ一食分。
そう、お昼ごはんて書いた通り。


・・・・・
・・・・・
・・・・・

痩せたいとか言っちゃいけない気がするお昼過ぎ。


濃厚な一日。

10 17, 2012
昨日は心地よい疲れのせいか22時ごろにはうつらうつら。
息子の宿題がまだ済んでいなかったので待っていたけど半分は寝いていたような。。笑

実は昨日の朝は非常に気分がもやもやしていた。
前日(15日)に息子を整体に連れて行ったのですが、そこでの無礼な態度に気分を害しており寝ても晴れませんで。。
といっても施術?っていうのかなしてくれた人はとてもよかったのですが、いっしょにしている若いのがどうもこうもない態度で。
予約の電話の時点で「?」と感じてはいたのですが行ってみてさらに??の態度でして。
悪いけど… 「あなたの代に移ったら間違いなく潰れるよ」って言ってやりました。勿論、心の中で。

そんな気分の昨日の朝。
音楽でも聴きましょうとOPUS/tatsuro yamshitaを流していたら不思議なことに気分が落ち着いて。
ああこの歌声には鎮静効果があるんだとなんとなく気づきました。
ちなみにDisc.3(Disc.1.2は反対に気分が上がるw)
でも、No.8の忘れないでだけはちょっと困る。サビをあんな唄い方されたら困るとかいつも思ってるけどw
気分が落ち着いたのをいいことに、
早朝にのぞいたブログに公開中の映画「ボーン・レガシー」のことが書かれてて
は!
いや、忘れてていいんだけど、ボーンシリーズっていったってマット・デイモンが出るわけじゃなし、
「なんだー前回が最終章っていってたのにー」と、ブツブツいっていたら主役を変えてきたとは。(爆

ま、そんなでも現実逃避にはもってこいかと思い、掃除の予定を変更してささっと家事を済ませひとりで映画を観てきました。
T0012892p.jpg
ブロガーさんんが書かれていた通りだったw
ざ・ん・ね・ん
けど、でも、いい!
最初に観てて違和感があったのですよ。なんかこの人ゆるい?って。
ライフルひとつの組み立てもイマイチだなぁなんて感じていたらなんとなく「あぁ」と納得できる内容で。
これならいくらでも話が広がるね、と感じたボーンシリーズ。
何作でもできるってもんです。。。w

平日の火曜日ともなるとなんの割引サービスもないせいか人は少なく、
この映画を見た時もワタシを含め4人だけ。(皆ひとり鑑賞)
おじさんばかりだったけどマナーも良くて観やすかった。
ストーリーとは別に主役が知人に似ていて、それもクリソツで見てて笑いが止まらくて。。
正直なところ知人の事はあまり良い印象がなく、最初のうちは観てて損した気分だったのですが、
なんだか、主役のキャラがほんのほんの僅かだけど知人とかぶるモノがあってそこがツボでもう笑いが止まらない。
これは誰にも伝わらないツボなんですが、、、
こうやって誰かに似てるとか思いながら観てる時っていうのは要は映画がつまらないと感じてる時なんですが、それでも過ごした時間がよい気分転換になったことは間違いなく、とても有難い時間となりました。

小腹が空きつつもポップコーンセットは苦手なのでバッグに忍ばせたお気に入りの珈琲と米粉ドーナツを食べての鑑賞。
贅沢な時間だと感じていたら「今日の夕食はがんばっちゃうよ」という気分に(笑)
作ったモノは広島風お好み焼きですが、、、
でもこれ、家族にとても好評でふたりのテンションが異常に上がるんです!
なんて安上がりなのっていうのはナシですよw
家族の第一声が、
「うまっ!!」とあがると嬉しいものです。
他におからを使ってコロッケを作る予定が柔らかすぎて出来ず、急遽グラタン風に変更したらところこれも意外に好評でして嬉しい誤算w
大豆を摂らねばと日々メニューに悩んでいたところだったのでよかった☆

食後は息子が週末にある地域の祭りに再び参加せねばならずで練習があったため送迎があったりしてバタバタ。
サッカーは観なきゃいけないしw学校からのたっぷり出される宿題に埋もれており寝たのが結局23時半過ぎ。
いつもなら平気なんだけど、昨日は自分一人であっちゃこっちゃしていたせいか疲れてしまったようです。
贅沢な疲れではありますが濃い一日でした。

さて、これからホンマもんのボーンシリーズを観ましょうかね。
マット・デイモン好きなんで3枚とも持ってるのですよ。
一番はボーン・アイデンティティーだね。
51F0Y1NFZDL.jpg

ううっ

10 17, 2012
先ほど乳がん検診のマンモを受けてまいりました。

初めての経験ではありませんが恐ろしいほどに痛かった。

特に左が。

久々に涙ちょちょ切れ(T_T)

そんな時は決って技師が冷たい人だったりする。

今もじんわりイタイ。。

いつものように

10 14, 2012
少し前、知人が自死を選択した。
発作的に、との報告を受けたような気がする。
詳しいことは、きっと、誰にも分からない。

偶然に遺族と会った。
隣町での買い物中だった。
わざわざここまで来なくてもいいだろうに…と思う。
でも近所スーパーでは会う人会う人に声をかけられるのだろう。
故人の母親だった。


息子を自死という形で亡くしてしまった悲しみは計り知れない。
それでも生きてゆかねばと必死さが体から滲み出ていたように見えた。

「こんにちは」とニッコリ笑って挨拶をしたワタシ。
できれば気づいてほしくないと伝わってくる。
それでも視線を最小限に合わせ挨拶をくれた。


あの日からお会いしたのは2回目。
前回も今回もワタシから挨拶をした。
挨拶だけをした。
ニッコリ笑って、以前と同じように。

本来なら長くならない程度にお悔やみをひとことでもというのが常識なんだろうけど、
ワタシはそれをしないと決めている。
ワタシには一回だけのことでも相手からすれば会う人から言われ続けるからね。
言わない方が失礼。
だと思われているかもだけど、それでもいい。
ワタシはある日から決めたのだから。

もしワタシならそっとしておいてほしい。
聞いてほしいと思えばこちらからいく。
さほど親しくもないのならいつものように挨拶だけでいい。
あの日からいなくなってしまった現実と向き合わなければならず、
向き合うことすら難しい毎日の中で他人から流れを邪魔されたくはない。
ものすごく痩せていた。
元々が痩せていたのに。

心の中では思うことがある。
けれどそれを口に出さないことが何よりの想いやりでななかろうか。
以前と変わりなく、挨拶をしてたわいもないことを話せることが彼女にとって一番望んでいることだと思うから。
今日は挨拶をした後、少しして同じ場所に。
できたてのトリ天を見ながら
「こんなの見ると作るのめんどくさくなっちゃうねぇ」
なんて話をどちらからともなくした。
「だよねぇ」なんていいながら笑った。
以前からそうだったように同じように。

何かを言わなきゃいけないなんてことはなくて、
もちろんあるのはわかる。
一般的に違和感のない常識というもの。
でも、相手にとって本当に大事なのって…そう考えると
言葉を選ぶよりその場を巧く逃げるより、いつものようにがいちばんなんじゃなかろうか。



プロフィール

atakou

Author:atakou

FC2カウンター
祝1年。で、はじめたよ。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
全記事表示リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。