いろいろと。

03 13, 2017
知らんかったですよーワタシ
羽毛布団が洗えるとか。
羊毛ならOKかと思っててですね。(何の根拠もなく)
で、まあ洗えるとか知ったところで「さぁ!」ということにもならなかったのですが、息子の布団を触って「よし、洗おう、うん」と、なりまして。
花粉まみれ…かどうかは分かりませんが、アレルギー症状が酷く、かわいそうなくらいなのでせめてスッキリ眠らせてやりたいなと。
その違いに気づいたかどうかはナゾですが…
自己満でも気持ちよく思えることでよしとしましょうか。笑


早いな~
あっという間の1年ですよ。
あのドタバタの時から1年っすよ。
そう、こうやって時は過ぎてゆくのです。

「ちょっと待ったぁぁぁ」は、ナシ。

だから後悔なんてしてる暇はないのだとずっしりくるのです。
悩むことも迷うことも誰にも咎められないけれど、モタモタしていたら全部自分に返ってくるのです。
そろそろ自分自身とに付き合い方をスマートなものにしていかねばですね。
スポンサーサイト

ウソぉん!

02 16, 2017
信じられなかった。
今でもちょっと疑ったりする。

何の話かというと、、、
先日受けた試験に合格してたのです。
5科目あってひとつでも落としたら全部クリアするまで再試験(途中で辞めなければ)なのですが
あんなにも手応えなかったのに、まさかまさかの合格。

郵送ではまだ来てないのでログインしてからの確認。
分かりにくい画面をポチポチっとしながら見てたら
オール「合格」の文字があって思わず、

ウソぉん

と、口に出してしまいましたがなw
あーびっくりした。
嬉しさよりもこれもしかしたら間違ってない?と疑う自分がいて。
3科目はまぁ大丈夫だろうと思ってはいたのですが、あと2科目は試験後に撃沈したもんね。
2科目の内、一つは判定が低かったけどそれでも○

以前息子が言ってたこと、
「ギリギリでも100点でも合格は合格」
「合格することが大事」と。
これは息子が受けた検定の合否が出て、点数を聞かされた時に感じたこと。
あと一問間違っていたら落ちてたな、と。
合格は合格。
そう、その通り。
文句なし!

だからワタシも素直に喜ぼう。
…とするのですが、ひょっとして間違ってない?って未だに、、、
あー可愛くないなぁ

これは性格の問題ね。笑
ちょっとだけ嬉しさが込み上げてきたので更新してみました。

2本飲み

05 09, 2016
今日はオロCとWILKINSONの2本飲みです。
過去にもこんなことはしたことないのですが、
最近はこんな風で。。
それでも仕事となるとシャキッとするので不思議。
いや、普通かw

春はいろんな出会いがあるものですね。
昨日は野球関係の会があって、高っいお金払って回るテーブルの料理食べて、息子のところに泊まって、帰って、2本飲んで←今ココ

ああ、今日は布団で眠りたい。
布団までたどり着けずリビングで力尽きたりっていうね。
歳だね♪

ギスギスはしてない

03 23, 2016
下宿先決定から二日後、再び下宿探しの旅へ…
あーあ、参った参った。
こんな風にならなきゃイイけど、の嫌な予感が的中。
引き受けてくれたご婦人は口には出さなかったけど
ちょっと情緒不安定な…初老期の鬱?みたいな感じで…
やっぱり気が変わったみたいです。
というか、二日後に下宿から学校までを自転車で行ってみようということになり(ちょっと距離があって裏道探しに)
車に自転車乗せて近くまで行って下宿先に連絡したら…

話が変わってる。
条件がすっごく悪くなってる。


金額が上がるのは譲れるけど、月~日曜日まで3食付きます、と言ってくれていたのに
朝晩の2食になってた。
昼は弁当を持たせてくれるって、あっちから言ってくれたのに、たまにしか作れないと思うとか、毎日作るとなるとキツイだって。
そんなの当たり前じゃん。
食事の事が一番のネックだったので兎に角、そこをクリアできるには下宿ってとこで探してたのにこれじゃお話にならない。
電話口で話すこともちょっとズレてる。
決まった時の流れもなんとなく違和感を覚えていたので、あの嫌な予感は…
かといって断るわけでもなく、どっちでもいいけど~みたいな感じでどうも変。
これはこちらが断らなくてもギリギリになって「やっぱり無理」とか言いかねない。
すぐに電話切って、旦那と息子に言ったよ。
「帰るよ」
「この人危ない。マズいわ。諦めよう」

と、二人が面食らってるのをよそに下した自転車を乗せるように言って、さっさと去りました。

そして3人、途方に暮れた…

もう後がない。
最後のひとがこれだったんだからどうしようもない。
ひとり暮らし決定です。
夫はそれだけは無理だろうとごねていたけどこうなったら仕方ない。
学校近くを回って、不動産会社見つけて紹介してもらって見に行って。
3軒回って決めてきました。
学校まで1㎞もないのところで、食べることには不自由しないところに。
大家さんが気を遣ってくれたらしく家賃も下げてくれ(駐車場代のために)
下宿よりはるかに近く安く。
ま、お金に変えられないものはあるけど、お金積んでも下宿先ないんで、これが運命というかこうなるしかなかったのかと思うのであります。
ね。
下手に気がねするより自由でイイかも。
ワタシも遠慮なく行ける。
片道1時間半はちょっとキツイけどそこは息子の為ですからね。
本音を言うと気が楽になりました。
下宿先に気を遣いながらより、しっかりかまってやれる。
予期せぬひとり暮らしデビューだけど、自立するイイ機会と思えばいいのかもしれないし。
新しい家電買えるかと思うとちょっとウレシイ♪
冷蔵庫やレンジなんてワタシ好みで選べるわけでわくわくしちゃうw
最新のレンジ買って、ガスコンロ使わずおかず作っちゃうわよ!とか思ってるしw
実際ガスコロンなんて買わないしね。
とりあえず2~3日は泊まるからってんでワタシ寝袋買ったしね。
モンベルの高いやつ。
意味わかんないけどこれなら大丈夫だわ、きっと。
だから、家の中はギスギスしてない。
もうこうなったらやるしかないよね~みたいなゆるゆるの感じ。
一人っ子ちゃんですからひとり時間に場所は必須でしょう。
苦労することも多かろうですけどそれも自分で選んだ道ですのでね。
なので早速、食器洗いと洗濯物をたたむという作業を言いつけました。笑
ちゃんとやっていたので助かった~
明日もさせよう。

決まったYO

03 19, 2016
結果から…
息子の下宿先決まりました~
すっごく嬉しい~

良さげなところはすでに空きなし。
ダメもとで範囲を広げて30以上の下宿先を片っ端から攻めていったけど、
断られたり、すでに辞めていたり(これが結構多かった)。
中学校の先生や知り合いの知り合いみたいな所からも情報をもらいつつ、
何処も90%以上無理っぽい雰囲気の中、ココは99%無理だろうなぁとおもいつつ電話したら、

「そちらは下宿をされてますでしょうか?」
に対して、
「うーん、、あー、、しましょうかねぇ」
「困ってるんでしょうねぇ」


え???
マジで!
ウッソーーー
と、心の中で叫びつつ、この方の気が変わらないうちに、まずは見学に行かなければと約束をしてGO!
といっても先方の反応がなんとなく面白くて戸惑ってました。
断られるかな?と思いきや「じゃぁやりましょうかねぇ」と。
女子のみの募集枠にダメもとで連絡したのに、
部活するのでと伝えるとそれこそ断られる雰囲気が電話口から伝わってきたのに、
「野球するのぉ?」と、言い当ててみたり。
それでもまだ、受け入れ迷ってる風だったり。w

実際お邪魔したらすでに何人か断ったらしく、もうするつもりもなかったような感じで、
でも、引き受けてくれた。
ワタシも夫もだけど相手が困っているのに強引にはいけない。
そんな事をしてもいい結果は生まれないし。
でもこちらも困ってる。
御家族からも断るように言われたそうなのですが、すでに何人か断っていたというのに、
引き受けてくれた…

なんで?

今日はそんな気分だったのかな~
みたいなちょっと不思議キャラが入ったご婦人なのだけど。。
言ってることは要所要所ピシッとしてて、でも面白くって。←書けないようなことも言ってたw
しっかりお願いしてから家族三人帰りの車中で
「やっぱり気が変わったとか言わないよね?大丈夫よね?」と、半笑いで帰ったのだけど…決まった。
確かに決まったのであります。

ああ、これで家の中のギスギスが緩和される。
これがワタシの本音。
今朝も電話でOKもらえるまでは険悪だった。
昨日の夫の暴言にキレる気力もなくなっていたくらいだ。
さすがに夫は気を遣っていたのが分かったけど、それでも進展がないとギスギスはなくならない。
夜中3時半まで調べて出したリストは×ばかりでもう電話をかけるところがなくなって、
ひとり暮らしさせてワタシが通うしかないかなぁと思っていたんだけど、この風はどこから吹いてきたのか。

朝、なんとなく、なんとなくだけど、
「今日、下宿先決まるような気がする」
と、フッとよぎったのは何だったのかな。
そんな気がするときってあるでしょう?
で、それが当たったという。
嬉しいねぇ(涙目)



以下、私信です。
JUNさん、kenkenidsさん、拍手コメントさん
お祝いのコメントありがとうございました☆
レス不要とのお気遣い…感謝です。
合格してからのドタバタさにまだ戸惑っておりますが、
無事に高校生活が送れるようワタシがこんなんじゃダメダメ。
兎に角、がんばりまっす!!!
いつもいつも本当にありがとーーーっ
プロフィール

atakou

Author:atakou

FC2カウンター
祝1年。で、はじめたよ。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
全記事表示リンク